黒い乳首がとっても深い悩みだった私。そもそも「なんで乳首が黒くなるのよ!?」という点も深い悩みでした。

「黒い乳首にもきっと原因があるはず!」と、一時期必死で調べていました。理由がわかると、なるほどなーと、目からウロコが落ちた気分。

同じ悩みを持っているアナタにもきっと役立つと思いますので、ここでご紹介しますね。また、原因を調べるうちに、いくつか対策も自然に見つかりました。それもあわせて紹介していきます!

超基本!黒い乳首の直接の原因は「メラニン」

1

そもそも黒い乳首の直接の原因は「メラニン」です。

  • 体内で作られる黒い色素
  • コレが乳首に溜まると黒くなる

日本人の髪の毛はだいたい黒く見えますよね。その理由は、メラニンがたくさん含まれてるからなんだそうです。

このメラニンは髪の毛以外の場所でも普通に作られてて、新陳代謝に合わせて体の外に出ていくみたい。この流れがうまくいっていないと、メラニンがドンドン溜まって沈着しちゃうんですよ。

それが乳首で起こると、「乳首が黒い」ってことになるワケです。

メラニンが溜まりやすくなる2つのケース

普通は新陳代謝で出ていくメラニン。「乳首が黒くなるほどそれが溜まるのはなんで?」と思って調べたら、2つのケースがあるみたいです。

  • メラニン生成が活発すぎる
  • 新陳代謝が落ちている

乳首が黒くなる原因はやっぱりメラニン。コレが多く作られるほど乳首も黒くなりやすいみたいです。それと、新陳代謝のペースも絶対に一定じゃなくて、ペースが落ちるときもあるんですって!

これらが起きると、乳首も黒くなりやすいんです!

コレが黒い乳首を招く!?注目したい4つの原因

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

メラニンの生成が活発になったり、新陳代謝が落ちたりする原因こそ、黒い乳首を招く原因だと思えますよね!そこで、特に気をつけたい注目の原因を4つご紹介します!

乳首への刺激

メラニンって、体を保護する役目もあるんです。紫外線を浴びたらシミができるのって、体の内部をメラニンが保護するためって説もあるくらい。

だから乳首に強い刺激がかかると、メラニンの生成が活発になって、それだけメラニンが増えることに。そのせいで乳首が黒くなることがあります。

妊娠・出産

妊娠すると女性ホルモンの割合が変わるんですが、メラニンはこのホルモンによっても作られるんです!

この女性ホルモンが増える妊娠・出産期も、メラニンも大量に作られて乳首も黒くなりやすいんですね。

ちなみに、出産が終わった後、授乳が終わるくらいまでは、女性ホルモンの割合が完全には戻らないそうです。だから産後もしばらくは影響が残るかも…。

乱れた生活

新陳代謝は体の生理リズムと同じで、体が疲れるような不規則な生活をすると、ペースが落ちやすくなるんです。

夜更かしばかりしてたり、ストレスが多かったり、仕事がすごく忙しかったりして、ゆっくり休めない毎日が続くと、新陳代謝も落ちちゃうんですね。

昼夜逆転の生活とかもよくないので気を付けてください。

加齢

新陳代謝は年を取るほど自然に落ちてきます!ある年齢から新陳代謝のペースが自然に遅くなり、そのせいで勝手に乳首が黒くなることも…。

よく見るケースは「加齢」と「妊娠」

原因はいくつかあるみたいですが、口コミやお悩みなどで多いのは、「加齢」と「妊娠」かなーと思います。

  • これらを避けられない女性は多い
  • これら原因での黒ずみは起きやすい

年を取るのは嫌ですけど、これは誰だって避けられませんよね。妊娠は絶対じゃありませんが、経験される女性はやっぱり多いと思います。

経験する女性が多い上に、これら原因で乳首が黒くなることは多いみたい。歳を取ったり、妊娠して乳首が黒くなると、結構悩むものみたいですよ。

ただ、私のように独身でまだ若いのに乳首が黒いと悩んでた人もいます(泣)

わりとよく見られるのは「加齢」と「妊娠」だけど、原因は本当に人それぞれって感じみたい。若いのに乳首が黒いのはおかしいとかはないので、安心してくださいね。

原因を知った後、私が試した8個の対策とは?

647bd4845c1fe01f966a538fedc8c9c2_s

原因がわかったあと、黒い乳首を治すため、積極的に対策を考えました。今振り返って、試した方法は7個あります。

  • 乳首への刺激をなくす
  • ストレスを溜めない
  • 美白クリームを塗る
  • ビタミンCをとる
  • ホエーなどの化粧品を使う
  • 病院の塗り薬
  • 病院のレーザー治療

結局、私が黒い乳首を治せたのは「美白クリーム」のおかげ!コレを一番オススメしたいと思いますが、他の対策についても合わせて紹介していきますね。

一番オススメ!黒い乳首は美白クリームを使おう!

deb2bcd8711902a57740a6a696ba5d70_s

私の経験上、これが一番効果が高かったです。黒い乳首を手早く治したい方には、この対策を最初にするのが一番オススメ!

もちろん、他の対策を試した後でもOK!実際、私はそうでした…。他のセルフケアに挫折した方でも、この方法で治せることもあるので、諦めずにケアを続けてくださいね!

メラニン対策の美白クリームがあった!?

セルフケアで効果がなく、少し落ち込んでた私でしたが、インターネットで調べたらメラニン沈着で黒ずんだ箇所を美白してくれる各種専用クリームが!

「これだ!」と思い、すぐに購入。メラニン沈着で黒ずんだ乳首を治してくれるような商品が多かったので、これはかなり期待してました。

効果はかなり期待できる!

結局、私が黒い乳首を治せたのはこのクリームのおかげ!特に効果が高かったのは「イビサクリーム」です。これを毎日乳首に塗っていたら、セルフケアを毎日試してた頃より、明らかに色が薄まりました!

おかげで今ではすっかり乳首の色も薄くなった私。これらクリームのおかげです!

この美白クリームにもたくさんの種類がありますが、私が効果を感じたのは、他にも「ホワイトラグジュアリープレミアム」とか「ピューレパール」とかありましたね。

黒い乳首に悩んでるなら、これら美白クリームの利用がオススメです。悩みに耐えられなくなったり、その他の対策に限界を感じたりしたら、ぜひ使ってみてくださいね。

黒い乳首を解決できる?原因を失くせるならなくそう

5

黒い乳首の原因がわかれば、「その原因をなくせば治るんじゃない?」って思いません?私はそうでしたので、実はこれが一番最初に試した対策。

結局、これだけで黒い乳首は治せなかったんですが、今日、今この瞬間からできる対策として、知っておくといいですかね。

乳首に刺激を与えないように

乳首に直射日光が当たるとかはまずないので、ありえる刺激といえば「摩擦」ですよね。乳首が日常的にこすれたりしないよう、次の対策がオススメ。

  • 体格にあった下着をつける
  • お風呂で強くこすらない

私自身も振り返ってみたら、ブラが微妙にあってなくて、乳首がけっこうこすれてた気がするんです。それで、黒い乳首を本気で治そうと決心した後、下着も替えました。

あとは、お風呂で強く洗わないこと。これは私は大丈夫でしたけど、垢すりで強く体を洗う習慣のある方は気を付けて欲しいですね。

心身に負担を溜めないような生活を

私も仕事をしているので限界はありますけど、なるべく次の生活をオススメ。

  • できるだけ早寝早起き
  • ストレスとなる生活習慣をやめる
  • ご飯をちゃんと食べる

明日が休みでもなるべく早寝早起き。でもやっぱり遊びたいから、私は早く寝て、早く起きて遊ぶようにしてました(笑) 早起きできなかったら、そのときはグッスリ寝るようにしてましたね。

あと、ストレスになるような生活習慣をわざわざ取らないこと。コレを意識して、SNSも何個か止めました。時間ができて意外とスッキリしますよ。

あとはなるべくちゃんとした食事!ついついパスタばかり食べちゃうので、なるべくご飯とおかずと野菜っていう食事を週に何度かは絶対やってました!

結局、これら努力だけで黒い乳首は治らなかったんですが、やって後悔はなかった対策です。

その他方法でも治る?黒い乳首へのセルフ対策とは

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

さっきのものと同じく、私はあまり効果を実感したわけじゃありませんが、その他にも黒い乳首を治すためにいろいろな対策をやったりしましたので、ここでまとめてご紹介させてもらいます!

ビタミンCを取る

美容といえばビタミンCですよね。コレは野菜や果物にかなり含まれていますから、積極的に取りましょう。ビタミンCが活性化すれば、新陳代謝も活発化します。

ホエーや化粧品でお肌を保湿してみる

新陳代謝が遅れがちになるのは、お肌の乾燥があると言われています。新陳代謝を活発化させた方が黒い乳首を治しやすくなりますから、そのための対策です。

保湿のために使えるのは次のもの。

  • ホエー
  • その他の化粧品

ホエーとはヨーグルトの上澄み成分で、保湿の効果があると言われています。乳首周りの保湿に使ってみるのもいいですね!

また、保湿だけなら薬局で売っている一般の化粧品やパックでも大丈夫ですから、そちらでもOK。これらで乳首周りの新陳代謝を促してみましょう。

セルフケアで治らないときは病院という手も!

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

実は、黒い乳首って病院でも治療できるんですよね。私も最初知ったときはビックリしました。これら対策もご紹介しておきますね。

病院で塗り薬を処方してもらえることも

乳首が黒くなった方は、美容系の病院に行けば、色を薄める塗り薬を出してもらえることもあります。トレチノイン、ハイドロキノンなどが有名ですね。

これらを出してもらったら、あとはケアクリームと同じで、これを乳首に塗るだけです。

診察は主に「美容皮膚科」になるみたいですね。大手の美容系病院なら美容皮膚科も入ってることが多いので、普通に診察の上、塗り薬を処方してもらえますよ。

レーザー治療もある!?

これも美容系の病院で受けられる処置ですが、レーザー治療もあります。

  • シミ、そばかすを消せることあり
  • 乳首の黒ずみもこれで薄まることがある

シミやソバカスって、レーザーで消せることがあるんですよね。コレと同じで、乳首の黒ずみもレーザーで少し薄くなることもあるんですって!

これらも絶対に効果が保証されてるわけじゃなくて、私も効果の実感はできませんでしたが、一応は知っておくといいかもです。

まとめ

黒い乳首について、いかに必死で調べ、対策をしていたか伝わりましたでしょうか?(笑)

結局、黒い乳首の原因はメラニンで、そのメラニンを溜める原因も限られてます。それを治せる対策はいくつかありますが、私には美白クリームが一番だったって感じですね。

ひとまず、黒い乳首は専用の美白クリームもあるし、他の対策だってあるし、これら方法で治せることもあるので「安心して!」って言いたいです。

当時の私みたいに、今必死で黒い乳首の原因と対策を調べているアナタには、私が調べたこれらの知識を惜しみなく公開しますから、ぜひ活用してください!