chikubi-pink-top
乳首の黒ずみをコンプレックスに感じ、自分に自信が持てないという女性は多く存在します。ですが、なかなか改善する方法を見つけることができないまま、何も対処することができないと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は乳首をピンクにする方法を徹底的に紹介します。

なぜ乳首は黒ずむのか?

温泉などに行って他の女性の乳首を見た時に初めて自分の乳首の色が黒いことに気づいたという女性も多いのではないでしょうか。
なかなか周囲の女性と比べる機会もないので、いつのまにか黒くなっていたということも多いようです。

乳首の黒ずみの原因はメラニン

乳首が黒ずむ原因はメラニンによるものです。
肌が外部から刺激を受けるとメラニンという物質が発生して肌を保護しようとします。通常であれば、発生したメラニンは肌のターンオーバーによって体外に排出されるのですが、上手く排出されずに残ってしまうことで色素沈着を起こし、黒ずみとなってしまうのです。

メラニンを発生させてしまう刺激とは?

メラニンを発生させてしまう刺激として乳首の黒ずみと関係があるものとしては、摩擦、紫外線です。
摩擦はサイズの合っていないブラジャーをつけたり、ブラジャーをつけずに過ごしていることで繊維と擦れてしまうと起こり、刺激となってしまいます。またお風呂で体を洗う時にナイロンのタオルで他の体の部位と同じようにゴシゴシ洗ってしまうことでも、刺激になってしまいます。
乳首を直接紫外線に当てることはないのですが、薄い衣類であれば紫外線は簡単に通り抜けてしまいますし、さらに目から体内に侵入します。直接乳首を紫外線に当てなくても黒ずみの原因となることもあります。
様々な刺激を受けることでメラニンが大量に発生してしまい、肌のターンオーバーで上手く排出することができずに黒ずみになってしまうのです。

ホルモンのバランスも黒ずみの原因になる

女性にはプロゲステロンとエストロゲンと呼ばれる二つのホルモンがあります。この二つのホルモンのバランスが崩れてしまうとメラニンを過剰に発生させる原因になってしまい、乳首が黒ずむ原因になってしまいます。
女性の場合は妊娠や出産をすることで乳首が黒ずむのですが、この場合は妊娠、出産、授乳の期間が終わると自然と元の色に戻るので、あまり気にする必要はないのですが、不規則な生活習慣などによってホルモンバランスが崩れてしまっている場合には注意が必要です。
それでは乳首が黒ずむ原因がわかったので乳首をピンクにする方法を紹介していきましょう。

美白成分を取り入れてピンクにする

化粧水や美容液

シミやくすみなどを改善する美白を目的とした化粧水や美容液などが多く販売されています。これらの美白化粧品を利用することで乳首をピンクにすることができます。

美白を目的とした化粧水や美容液に配合されている美白成分は

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • ハイドロキノン
  • ルミキシルペプチド
  • トレチノイン酸
  • プラセンタエキス
  • ルシノール
  • カモミラエキス
  • リノール酸
  • トラネキサム酸

などがあります。これらの成分はメラニンの生成を抑制したり、すでに出来てしまった黒ずみを薄くする効果を期待することができ、乳首の黒ずみを改善してピンクにするのに役立てることができます。

乳首専用の美白クリーム

自宅で手軽に乳首をピンクにすることができるのが乳首専用の美白クリームです。
ホワイトラグジュアリープレミアムやイビサクリームなどが、乳首の美白専用のクリームとしては代表的なものです。
これらのクリームには美白成分や保湿成分が配合されており、メラニンの生成を抑え、すでに出来てしまった黒ずみにも効果を発揮するので、予防と改善ができるものです。
乳首専用の美白クリームのほとんどが天然由来の成分を配合し、肌に刺激になる成分は配合していないなど、安全に安心して使用することができます。

医療機関を利用してピンクにする

皮膚科や美容クリニックなどでも、乳首をピンクにすることができます。
ただし、費用や直接医師に乳首を見せなければならないなどのデメリットがあります。

レーザー治療

黒ずみが気になる乳首にレーザーを照射することで色素を分解することができ、黒ずみの原因となっている色素沈着を除去することができます。短期間で劇的にピンクにしたいという場合にはレーザー治療を選択することができますが、費用がかかります。
保険適用ではないのでだいたい10万円から20万円程度かかることがほとんどです。

ハイドロキノンやトレチノインの処方

一般的な化粧品に配合されているハイドロキノンには濃度制限があるので、高い効果を発揮する濃度の場合は皮膚科や美容クリニックでの処方が必要になり、トレチノインの場合は日本国内では化粧品に配合することができないので、これも処方が必要になります。
皮膚科などでハイドロキノンやトレチノインを使って乳首をピンクにする場合には、3ヶ月を1クールとして治療が行われます。
レーザー治療と同じく保険適用外となることがほとんどなので、費用は3万円前後となることが多いようです。

ホエーを使ってピンクにする

ヨーグルトからホエーを取り出す

水切りヨーグルトを作ると簡単にホエーを取り出すことができます。
ホエーには様々な美肌成分が含まれており、美白成分もその1つです。
ホエーをコットンに含ませて、清潔にした乳首に10分程度乗せておきましょう。終わったらシャワーで軽く流します。
ヨーグルトから取り出したホエーは冷蔵庫に保管して、一週間ぐらいで使い切るようにしましょう。

ホエーパウダー

ネットショッピングを利用すると手軽にホエーを乾燥させて粉末にしたホエーパウダーを入手することができます。
ホエーパウダーは水に溶かすと手軽に美容液として使用することができます。大量にホエーを作ることができるので入浴剤としてもおすすめです。

サプリメントでピンクにする

ビタミンCサプリメントを飲む

ビタミンCは美白のビタミンと呼ばれる成分です。美肌作りには欠かせません。
ビタミンCを積極的に摂取することで、メラニンの生成を抑えることができ、乳首の黒ずみを根本的に改善することができます。
野菜や果物などの食物にビタミンCは含まれていますが、効率的に摂取したいのであればサプリメントがおすすめです。

美白サプリメントを飲む

体の内側から美白を促すことができるのが美白サプリメントです。
すでに出来てしまった色素沈着を改善する還元成分や色素沈着ができないように予防する予防成分となるプラセンタエキスやビタミンC誘導体、アルブチンやルシノール、リノール酸などが配合されており、日本国内で美白効果があると認められている医薬品を選ぶことでより高い美白効果を得ることができ、乳首の黒ずみの改善にも役立てることができます。

ホルモンバランスを整えてピンクにする

ピルやその他のホルモン剤

更年期障害や月経前症候群でホルモンバランスが崩れてしまうと、メラニン色素が過剰に分泌されてしまい乳首が黒ずみやすくなってしまいます。
婦人科などの医療機関に相談することでホルモンバランスを整えることができりピルやその他のホルモン剤を処方してもらうことができます。
更年期障害や月経前症候群が原因で乳首が黒ずんでいる場合には、医療機関を受診することで高い効果を期待することができます。

イソフラボンを摂取する

女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た構造を持ち、似た働きをするのが大豆に含まれているイソフラボンです。
イソフラボンを積極的に摂取することでホルモンバランスを整えることができます。
豆腐や豆乳などの大豆製品を積極的に取り入れるかサプリメントを利用すると良いでしょう。

生活習慣を見直す

ホルモンバランスは睡眠不足や運動不足、バランスの悪い食生活、ストレスや喫煙などが簡単に崩れてしまいます。普段の生活習慣を振り返って改善することでホルモンバランスを整えることができ、生活習慣を見直すことで肌のターンオーバーの正常化にも繋がります。

以上11個が乳首をピンクにする方法です。
普段の生活習慣を見直したり、サプリメントを取り入れて体の内側から乳首をピンクにする方法や美白成分を利用するもの、医療機関を利用するものなどがあります。
自分に合った方法を見つけて、ピンクの乳首を目指しましょう。