自分の乳首の色にコンプレックスを持っているという女性は、非常に多いです。

デリケートな問題なので、なかなか周囲の人に相談することも出来ないという人もいるでしょう。
中には、お付き合いをしている男性から乳首の色を指摘されて深く傷ついてしまったという経験をしたことがある女性もいるようですね。

世の中にはセックス経験の多い女性の乳首は黒ずんでいる!なんてことを言う人もいるので、そんな話を聞く度に、そんなことはないのにとショックを受けてしまいます。

では、なぜ乳首は黒ずんでしまうのでしょうか?
また原因を知ることで、対策を知って予防やケアに役立てることができるのではないでしょうか?

メラニン色素が乳首の黒ずみの根本的な原因だった

メラニン色素が過剰に生成されると・・・

乳首の黒ずみの根本的な原因はメラニン色素が沈着するからです。
メラニンと聞くと、紫外線や日焼けなどをイメージするのではないでしょうか。

メラニン色素はもともとは外部の刺激から肌を守る役割を持っていて、人体にとって欠かせないものです。
ですが、過度な刺激が加わることで過剰にメラニン色素が生成されてしまい、このメラニン色素が上手く体外に排出されないまま残ることで色素沈着を起こし、黒ずみになってしまいます。

メラニン色素の排出に欠かせないのが肌のターンオーバー

メラニン色素は通常であれば、一定の時間をかけて体外に排出されることで色素沈着を起こすことはありません。
この排出に欠かせないのが肌のターンオーバーです。肌のターンオーバーは正常な状態であれば、だいたい28日間を1つのサイクルとして行われています。
ですが、不規則な生活習慣やバランスの悪い食生活、運動不足や加齢などによって体の代謝が落ちてしまうとターンオーバーのサイクルは長くなってしまい、メラニン色素がスムーズに排出されずに蓄積し、色素沈着を起こしてしまいます。

メラニン色素が過剰に生成されてしまう原因

メラニン色素を出来るだけ生成させないこと、肌のターンオーバーを正常なサイクルにすることが乳首の黒ずみを改善する第一歩となります。
では、どんなことがメラニン色素を過剰に生成することに繋がり、乳首の黒ずみの原因となってしまうのでしょうか。

摩擦による刺激

まず乳首の黒ずみの最大の原因として考えられるのが摩擦による刺激です。

メラニン色素は肌を外部からの刺激から守る役割を持っており、摩擦による刺激もこれに該当します。

サイズに合っていないブラジャーをつけている、ブラジャーを付けずに過ごすことが多いという人はブラジャーや衣類の繊維と乳首の間で摩擦が起こってしまい、刺激になってしまうとメラニン色素が生成される原因を作ってしまいます。

また刺激は衣類などの繊維によるものだけではありません。お風呂に入った時にナイロンのタオルや刺激の強いボディソープを使って乳首をゴシゴシ洗っているという人もいるのではないでしょうか。これも刺激の1つになってしまいます。

紫外線の浴びすぎ

乳首は通常ブラジャーや衣類でカバーされています。ですから紫外線に直接当てることもないのでメラニン色素が過剰に発生する原因がわからないという女性も多いでしょう。

ですが紫外線は薄手の衣類であれば簡単に通過してしまいます。
直接乳首を紫外線にさらしていなくても、紫外線によってメラニン色素が生成されている可能性も0ではないのです。
また紫外線は目から吸収されて体内に入り込みます。これも乳首の黒ずみの原因として考えることができます。

妊娠や出産、育児が原因になる場合

妊娠や出産をするとホルモンバランスが大きく崩れてしまうので、乳首が黒ずんでしまうという女性は多く存在します。

女性ホルモンがメラニン色素を作り出す色素細胞を刺激することでメラニン色素が過剰に生成されてしまい色素沈着が起こりやすくなってしまうのです。

一説には、乳首が黒ずむことで生まれたばかりの視力の弱い赤ちゃんがお母さんの乳首を見つけやすくするためという話もあります。

また出産後の授乳も乳首の黒ずみの原因になります。赤ちゃんが授乳の際に乳首を吸うことで刺激となり、メラニン色素が過剰に生成されてしまうのです。
いずれにしても、この場合は妊娠や出産、授乳の期間が終わると自然に元の色に戻ることがほとんどとなるので、赤ちゃんを産み、授乳を行う期間は、あまり気にしすぎないようにしましょう。

加齢によるもの

年齢を重ねることでメラニン色素が過剰に生成されてしまうことはないのですが、様々な要因によって生成されたメラニン色素を体外にスムーズに排出するための機能は、年齢を重ねる中で衰えてしまいます。

年齢を重ねることで肌のターンオーバーが遅くなってしまうとメラニン色素が色素沈着しやすくなってしまい乳首の黒ずみの原因になってしまいます。

原因がわかれば対策も取れる!

刺激を最小限にしましょう

まずはメラニン色素を発生させてしまう原因となる刺激を出来るだけ排除するようにしましょう。

  • サイズの合わない下着はつけない
  • ノーブラで過ごさない
  • お風呂では弱酸性の石鹸をよく泡立てて、乳首を優しく手で洗う
  • 授乳中の刺激は赤ちゃんに影響のない範囲で、乳首を保護するカバーをつけたり、保湿クリームなどを使ってケアをする

などが挙げられます。

ターンオーバーのサイクルを正常にしよう

出来てしまったメラニンは出来るだけ早く体外に排出することが重要です。
ですから肌のターンオーバーを正常なサイクルにしましょう。肌のターンオーバーは早くても遅くても肌トラブルの元になってしまいます。

ターンオーバーを整える基本は規則正しい生活習慣です。

  • しっかり眠る
  • バランスのよい食生活を送る
  • ストレスを溜めない
  • 適度に運動をして血行不良を改善する

などがあります。特に重要なのは睡眠です。

夜22時から深夜2時の間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯で、この時間帯にしっかりと睡眠を取ることでターンオーバーを正常に導くことができます。
なかなかこの時間帯に眠ることができないという場合には6時間以上眠るようにすることでターンオーバーが行われやすくなります。

出来てしまった黒ずみはどうする?

これ以上黒ずみを悪化させないようにするためには乳首が黒ずむ原因や対策を知ることが大切です。
ですが原因や対策を知って気をつけていても、すでに出来てしまっている黒ずみをすぐに解消するのは難しいでしょう。
ですから保湿や美白を行うことができるクリームなどを併用することで、乳首をケアし綺麗なピンクに近づけることができるのではないでしょうか。

乾燥は摩擦の原因になる

肌が乾燥することで衣類などとの間で起こる摩擦によって刺激を受けやすくなってしまいます。
しっかりと保湿をすることで刺激から守ることができるので、顔や手の保湿だけではなく乳首の保湿も考えてみましょう。

黒ずみにダイレクトにアプローチする

乳首の黒ずみに悩む女性が多いことで、乳首の黒ずみをケアすることができるクリームやジェルなどが多く登場しています。
中には皮膚科医の処方がなければ使用することができないものなどもありますが、手軽に通販などで購入することができ、天然由来の成分で乳首の黒ずみを改善していくものもあり、保湿も一緒にできるようなものも多くあるので、予防や悪化を防ぐ中でこういったケア用品を使用するのもおすすめです。

長い期間をかけて出来てしまった乳首の黒ずみは、対策やケア用品を使用してもなかなか改善しないという人もいるのですが、顔のお手入れと同じように毎日継続してケアすることで綺麗なピンクの乳首を取り戻すことができるのです。