乳首の黒ずみの原因は

  • 摩擦による刺激
  • ホルモンバランスの変化
  • 紫外線

などによって、発生したメラニン色素が体外に上手く排出されずに蓄積することで色素沈着を起こすからです。
メラニンはもともと、体外から受けた刺激から肌を守る役割を持っているもので完全な悪者というわけではないのですが、過剰に発生してしまったり、肌のターンオーバーが低下してしまうことで、黒ずみになってしまいます。

実は乳首の黒ずみに悩んでいる女性はとても多く存在します。
デリケートな悩みから、なかなか周囲の人に相談したり、見せたりすることができずに一人で悩んでいる女性も多いのです。

最近では乳首やデリケートゾーンなどをケアするアイテムも多く登場しており、通販などで乳首専用の美白クリームなども購入することができるので、普段から乳首のケアをしているという女性も増えてきています。
ですが、こういったアイテムでは、なかなか即効性がないという声もあります。美白クリームは医薬品ではないので、どうしても長期的に継続する必要があり、使用をしたからと言ってすぐに効果を実感できるというものではありません。
ですが、医薬品ではないことから副作用などもほとんどなく安心して使用を続けることができるというメリットもあります。

それでも、すぐに乳首の色を綺麗にしたい!予定があり、その予定までになんとか間に合わせたい!というように、時間に限りがあるという女性もいるのではないでしょうか。

そこで今回は乳首の黒ずみを改善する方法の中でも、最も早く乳首を綺麗にすることができるレーザー治療について、効果や費用、痛みなどをまとめてみました。

レーザー治療はどのような効果をもたらすのか?

メラニンの除去ができる!

レーザー治療の効果は、乳首に蓄積したメラニンを除去することができます。乳首に蓄積したメラニンを除去することで早い段階で乳首の黒ずみを改善する効果を得ることができるのです。
メラニン色素だけに反応するレーザーを当てることで、徐々に乳首の色を抜いていくことができます。

治療はどこで受けることができるの?

乳首の黒ずみを除去することができる出力のレーザー治療を行うには医師免許が必要になります。

  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 美容クリニック

などで、治療を受けることができます。

一回で終わるの?

残念ながら、早く効果を得られるとは言っても治療が一回で終わることはほとんどありません。

現在、最も早く効果を得られると言われているピコレーザーでも最低1回から2回の施術は必要となっており、レーザーの種類によっては20回程度通う必要があるものもあります。

費用はどのくらいかかるの?

乳首の黒ずみを改善するためにレーザー治療を選択する時、最も気になるのが費用についてではないでしょうか。
レーザー治療の費用は、使用するレーザーの種類、通う回数などによって異なります。


まずは乳首の黒ずみの治療でよく取り入れられている、QスイッチYAGレーザーの場合です。

  • 一回の施術費用・・・1万円から2万円
  • 施術回数・・・10回前後

つまり、一回2万円で10回通ったとすると、乳首の黒ずみの治療にかかる費用は20万円になります。

次にQスイッチYAGレーザーに比べると比較的早く効果を得ることができると言われているピコレーザーです。

  • 一回の施術費用・・・2万円から3万円
  • 施術回数・・・最低1回から2回、最高10回

ピコレーザーの場合、一回の施術で比較的早く効果が現れるのですが個人差もあるので、納得がいかない場合は最高で10回まで施術を受けることができます。
ピコレーザーは取り扱える医師が少ないことから、一回の施術にかかる費用は、QスイッチYAGレーザーよりも高くなってしまいます。

レーザー治療はなんで高いの?

乳首の黒ずみは病気ではありません。
美容を目的で治療を受ける場合は自由診療となるので健康保険を使用することができず、全額自己負担になります。
自由診療と保険診療は混合することはできないので、乳首の黒ずみを治療するために通院している場合にはレーザー治療以外の部分でも保険適用外となり、高額な費用になってしまいます。

レーザー治療の流れ

カウンセリング~施術当日

まず乳首の黒ずみをレーザーで治療するには、皮膚科や美容皮膚科、美容クリニックなどを予約して、カウンセリングを受けましょう。
このカウンセリングで問題がなければ施術を受けることができますし、ほとんどのクリニックは飛び込みでレーザー治療を受けることはできず、カウンセリングの際に施術日を決めることがほとんどです。

施術当日は医師から簡単な説明を受けて、施術を行います。
だいたい直径1センチの範囲で10秒程度の照射となるので、施術時間は5分程度で終わります。
照射をすると軽いやけどを負う状態と同じになるので、肌色のテープを乳首に貼ってカバーします。

施術後

施術をすると、だいたい1週間から2週間程度で照射をした部分がかさぶた状になります。
これをダウンタイムと呼び、この間に赤みが出ることもあります。

黒ずみが濃くなる場合もありますが、肌が生まれ変わっている証拠であり、だいたい1ヶ月程度で新しい肌に生まれ変わります。

レーザー治療で気になるのは痛み!

費用の問題も気になりますが、やはり最も気になるのがレーザー治療を受ける時に感じる痛みです。
乳首の黒ずみを除去することが出来るレーザー治療を受ける際には個人差はありますが、

輪ゴムでパチンと弾かれた時に似た痛み

と例えられることが多いです。あまり気にならない程度と考えることができますが、痛みに弱い強いというのは個人差がありますし、デリケートな部分なので他の部分よりも痛みを感じやすい可能性もあります。
どうしても痛みに不安がある場合には、塗るタイプの麻酔などを使用してくれるクリニックもあるので、カウンセリングの際に相談しておきましょう。

レーザー治療を受けられない人

即効性のある方法ですが、全ての人がレーザー治療を受けられるわけではありません。

  • 敏感肌
  • 光アレルギー
  • 日焼け
  • 妊娠中
  • 授乳中
  • ピアスなどを含む金属が入っている
  • ソラニンやコールタールなど光に敏感になる薬を服用している

こういった場合はレーザー治療を受けることができず、カウンセリングの段階で断られます。

レーザー治療のメリットとデメリット

乳首の黒ずみを改善するために最も早く効果を得られる方法として取り入れることができるのが美容皮膚科などで受けることが出来る、レーザー治療です。
効果や費用、痛みなどをお話してきましたので、最後にメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット デメリット
専門家に相談することができる

早く効果を実感することができる

自宅でケアする必要がない

治療をしても普段通りの生活が送れる
費用がかかる

クリニックに通う必要がある

乳首を医師に見せる必要がある

痛みを感じる人もいる

絶対失敗しないわけではない

黒ずみが改善しても再発する可能性がある

となります。
メリットもデメリットも同じぐらいありますし、レーザー治療によって体を傷つけてしまう可能性も考えていかなくてはなりません。また、レーザー治療で乳首の黒ずみが改善しても、普段の生活習慣や下着選びなどを変えなければ、また黒ずんでしまう可能性があります。あくまでも、その時の黒ずみを改善することができると考えておく必要があります。

レーザー治療のリスクを考えると・・・

レーザー治療は乳首の黒ずみの改善を実感することができますが、費用がかかる、リスクがあるなどを考えると、少し時間はかかっても、乳首専用の美白クリームを使って改善していく方が安全で痛みなどもなく、経済的に黒ずみを改善することができます。